いびきをかくカップルは不仲

rh4ed6

誰もが素敵な恋愛をしたい、成功させたいと思うものです。もし、カップルのうち、どちらかでもいびきをかくことが毎晩のことになっているなら、それはどのようにお互いの仲に影響を及ぼすのでしょうか。いびきがカップルたちに及ぼす影響についてイギリスで行なわれた調査がありました。

これは、製薬会社Nytolの研究者らが、イギリスの「いびきストップ週間」に際して調査した結果が明らかにしたものです。今回の調査では、1134人のいびきをかく人とそのパートナーが対象です。いくつかのアンケート結果によると、いびきにより、27%は不機嫌な気分が常に残り、21%は常時疲れており、16%はいびきのせいで生産性が低くなったと回答しました。

さらに、カップルの41%はいびきが原因の言い争いがほとんど毎夜のように繰り広げられると答えています。いびきが原因で半数近いカップルたちが問題を抱えていることが明らかになりました。

いびきとは

いびきとは、眠っている間に軟口蓋や舌根が上気道をふさいで、狭くなった気道を空気が通過する際に起こる振動音で、要因は様々です。女性の25%、男性の40%は頻繁にいびきをかくと言われます。いつもではないとしても、たまにいびきかく人を含めれば、ほぼ半数の人間がいびきをかいているそうです。

眠っている間に生じる現象なので、自分では気づいていないこともよくあります。騒音は一緒に眠るパートナーの睡眠の障害となりますが、対策を講じている人は半数にも満たないことが明らかになりました。皆さんは何らかの「いびき対策」をしておられるでしょうか。

軽減する方法

いびきを軽減する方法が何かあるでしょうか。いくつかの有名な方法としては、横向きに寝る、体重を落とす、深夜の飲酒を避ける、いびき防止スプレー、加湿器、マウスガード、鼻腔を広げるクリップなどがあります。

もしこの点で悩まされているなら、どれが自分に合うのかぴったりなものを探してみるのはいかがでしょうか。

騒音以上の問題!?

いびきは多少耳障りなくらいで、治療が必要な問題だと認識している人は少ないようです。場合によって、いびきは騒音以上の問題を含んでいることがあります。

エジンバラ睡眠センターのクリス博士によると、「いびきは良質な睡眠を損なうだけでなく、重篤な病気が隠れている場合がある。いびきをかく人とそのパートナーが連携して問題に取り組むことが重要」と述べています。

また、いびきは動脈を厚くし、脳出血や脳卒中、心臓発作の原因となりうることをデトロイトのヘンリーフォード病院の学者が警告しています。よりよい睡眠と健康のため、パートナーのいびきは我慢せず、一緒に治していくことが大切なようです。

このように、いびきはカップルたちの不仲原因となるだけでなく、本人の病気の可能性もあるということで、ひどい場合は放っておかないようにしましょう。何科にいって診察してもらえばわからない場合、とりあえず近所の耳鼻咽喉科で診てもらうとよいでしょう。