彼女に言われてショックな言葉

いくら仲の良い恋人同士でもやはり、グサッとくる言葉はあるものです。特に男性は女性の何気ない一言にかなり傷ついているようです。そこで今回は、男性約310名を対象に恋人に言われて傷ついた言葉に関するアンケートが行われていたので取り上げてみたいと思います。

男性がグサッとくる言葉 何気ない言葉にグサッ

Q、かつて恋人(好きな人)に言われて傷ついた言葉は?

1位 「話がつまらない」 (14%)

同1位 「一緒にいると疲れる」 (14%)

3位 「話が合わない」 (10%)

4位 「男性らしくない」 (9%)

5位 「男性のくせに~できない」 (6%)

「話がつまらない」や「話が合わない」という会話の内容に関することが上位ランクインしています。やはり昔から顔は多少よくなくても、話がおもしろい男性は女性からもてる傾向があるようです。

それでもはっきりと「つまらない」と言われると、男性は思っている以上にダメージを受けるようです。「一緒にいると疲れる」というのは、自分の存在を否定されるようなものです。これは男性だけに限らず、誰に言われてもつらいものですから、「使ってはいけない言葉」に指定しましょう。

「男のくせに」や「男性らしくない」と言われるのは、女性でも「女のくせに」、「女らしくない」といわれて傷つくのと同様、男性も傷つきます。ズケズケ言い過ぎて「無神経だ」と言われないように気をつけたいものです。

ほとんどの場合、男性は女性を喜ばせたい一心で一生懸命楽しい話を考えてくれているはずですから、そこは女性側も大目に見てあげてください。基本的には、自分が言われて嫌なことは相手にも言わないのがベストでしょう。