女性のほうが収入が多いとき

h4sfghs85

自分の年収の方が彼氏やご主人より高い場合、女性は悩むことがあります。田中さんは医療職で、年収500万は越えます。しかし夫は30歳台で300万~350万と本当に少ない収入です。

勤務年数が上がれば、年収も上がるそうですが、本当に少しずつしか上がりません。また最近はどこも残業がカットされている様子です。田中さんはこのように感じています。

「人生お金ばかりではないのは分かっているのですが、やはり夫には自分と同じくらいか自分より稼いでほしいので、むなしい…」。

女性が医療職で、男性が普通のサラリーマンという年収に大きな違いのある職業の二人が結婚すると、このようなことが生じかねません。

収入の少なさは感じる愛情の少なさ?

田中さんはいいます。

「夫の給料明細を見て、本人にははっきり言いませんが少ないなと愕然とします。正直に言うと最初あった愛情も生活していくにつれ、低い給料を見るたび、だんだん薄れていきます。わたしが今後養なっていくのかなと悲しくなります」。

「このご時世、ほとんどのサラリーマンの男性は厳しい世界で頑張っているのは分かるんですが、やはり自分と同じか、それ以上に稼ぐ方と結婚すればよかったかなとたまに後悔します」田中さん夫婦の絆はすこしずつですが、危険な方向に向かっています。どうしてそういえますか。以下のような理由があります。

1.交際期間や新婚時の恋愛感情が自分より低い夫の収入を見て、どんどんと冷めている点。

2.「自分より収入のいい人と結婚すればよかった」と後悔し始めているところ。

3.自分が養ってゆくのかと考えてしまい、悲しくなること。

今のままいけば、だいたい結末は予想できます。夫に今の自分よりも高い収入を期待するのは現実的なことでしょうか。

このまま自分の見方にこだわり続けて結婚生活を危険にさらすこともできますし、見方を修正してゆくこともできます。田中さん夫婦がこれからも夫婦として歩んでゆかれることを願います。