会話でわかる夫婦仲

image72

皆さんは普段、カップルや夫婦でどのような会話をしているでしょうか。会話の傾向を分析してみると、ある程度2人の仲を垣間見ることができます。

2人の会話を録画して分析

米国ワシントン州シアトルのある調査チームは、何百組もの夫婦が金銭や性といったデリケートな問題について話し合う様子をビデオに録画しました。録画した会話をよく分析してみると、あることがわかりました。

分析の結果、夫婦の会話は、大きくわけて2種類の会話に分けられました。積極的なものか、消極的なものかの2種類です。会話の内容が積極的な夫婦は結婚生活の成功率が高く、消極的な会話が主な夫婦は結婚生活の失敗率が高いという結果が出たのです。

どんな要素が結婚生活の幸福度に影響を及ぼしたのでしょうか。結婚生活がうまくいっているケースでは、インタビューを録画している間の笑いや冗談などの積極的なやり取りの回数が消極的なやり取りの回数を5対1の割合で上回りました。

軽蔑は注意要素

逆に、離婚を予測させる最大かつ唯一の要素は、配偶者の一方が話している時にもう一方の顔に浮かぶ軽蔑的な表情でした。研究者の一人は、「軽蔑は愛を溶かす硫酸である」と述べました。

2人のうち1人でも軽蔑的な表情が現れているならば、2人の未来には暗雲が立ち込めている可能性が高いようなので、注意が必要です。同チームは調査結果を生かして、うまくいっていない夫婦を助けています。数日間のカウンセリングによって、それらの夫婦の約3分の2は関係が改善されたそうです。