カップルの別れの前兆

心理学の名誉教授であり、夫婦関係や結婚生活の安定性の研究で知られているジョン・ゴットマン博士は30年以上にわたってカップルを研究し、「別れる予兆」となる4つのコミュニケーションを発見しました。なんと、この予兆があると、90%以上の確率で別れてしまうそうです。

「黙示録の四騎士」と題されたこの予兆は、身体的な病気にも関係があると言われていたものです。黙示録の四騎士とは新約聖書の黙示録に出てくる飢餓・疫病・死・戦争を表す不吉な馬とその乗り手を例えたものです。「黙示録の四騎士」と呼ばれる、4つの別れの予兆は以下の通りです。

非 難

これは、建設的ではない意見や批判をするだけでなく、相手の人格や興味を攻撃することです。失敗や間違いを責められるのは仕方のないことかもしれませんが、人格否定・人間否定は相手にとどめを刺すようなやってはいけない最後の手段です。

保 身

ここでは「無実の被害者」を演じることを指します。責任転嫁だけならともかく、自分を被害者に仕立て上げることにより、自然と相手は被害者になります。事実に全く反する時、それは相手への攻撃以外のなにものでもありません。

軽 蔑

2人の関係が終わる一番大きな予兆となるのが、軽蔑です。どちらかが、自分の方が相手より上だという雰囲気を醸し出し、相手を見下して馬鹿にします。こうした態度は相手に伝わる前にまず自分の中で生まれます。愛と敬意の欠けた2人ほど一緒にいてつらいものはありません。

閉め出し

相手と関わらないようにしたり、引き離したりすることです。顔も見たくないというような拒否反応となり、かなり重症です。いかがだったでしょうか。あなたが誰かと付き合っているなら、こうした傾向がないか、考えてみる価値はありそうです。

少しでもこうしたところがあるなら、「90%以上の確率で別れてしまう」という恐ろしいものなのでできるだけ早めに改善したいものです。ほかにも以下のような場合、注意が必要かもしれません。

女性が尽くすと失敗する!?

女性の中にはいわゆる「尽くすタイプ」の人がいて、彼氏ができるとあれこれと世話を焼きたくなります。彼の家の掃除や洗濯はもちろん、誕生日や付き合い始めた日など記念日も大切にしますし、高価なプレゼントを贈るためには節約も喜んでします。

しかし、良かれと思って愛情を込めてしているのに、なぜか付き合いは長続きしないことが多いのです。尽くしてはいても、これまで見返りを求めるような仕草や発言をしたことはありません。なぜそのような女性がフラれるのでしょうか。相手選びが間違っているのでしょうか?

彼女自身が悪いのでしょうか?こういうことが続くと女性は恋愛恐怖症になってもおかしくありません。友達に相談するのもいいでしょうが、たまにはゆっくりと紅茶でも飲みながらなぜ「尽くしたい」のか考えてみるのもひとつの手です。

なぜ尽くしたいのか

時間や金銭や体力を使って、そんなにまで彼に尽くしたいのは、なぜでしょうか。深くみてみると、尽くすという行為は、「褒められたい」・「認められたい」といった自分の欲求を満たすため、また自分の存在価値を見出すため・自信のなさを隠すために行う場合もあります。

このように、彼という「相手のため」にしているのですが、深層心理では「自分のため」といった動機が隠れていることがあります。相手の視点になって考えて見ることも重要です。あなたのしていることは本当に彼のためになっているでしょうか。

彼が本当に必要としてることかどうかの見極めも大切です。自分がよかれと思ってやっている事柄でも、残念ながら彼の内では「余計なお世話」になっていることがあるのです。

恋は男が追いかけ 女は求められるが理想の形

女性が尽くしすぎて男性に愛想をつかされるのは、需要と供給にミスマッチが生じています。昔から恋愛においては男性が追いかけ、女性は求められる立場にあるとき、うまくゆきます。男性と女性はそのようにできているのです。

知らず知らずのうちにこの法則を破ると恋愛そのものが破れてしまいます。ですから、今度彼氏ができたときには尽くすのを「一時休止」し、尽くされる側を楽しんでみてください。尽くすのは将来結婚して家庭に入ってからでも十分遅くはないのです。