お見合い失敗の理由

昔ほど聞かなくなった「お見合い」。よく知らない相手同士が紹介により出会い、初めてのデート。緊張すると思います。ここでは、実際にお見合いにおいて失敗に終わった理由について注目します。どんな理由がお見合いを失敗に終わらせるのでしょうか。

  • 「お店の店員さんに対して上から目線で横柄な態度をとっていた」
  • 「最初から最後まで、全く笑顔が無かった」
  • 「お茶代を出したのに『ごちそうさま』の一言もなかった」
  • 「苦手だと言っているのに延々とホラー映画のストーリーを話された」
  • 「前歯が1本無かった」
  • 「遅刻してきたのにお詫びの言葉が無かった」
  • 「喫茶店に入った時、コーヒーカップにスプーンを入れたままコーヒーを飲んだ」
  • 「コーヒーをずるずると音をたてて飲んだ」
  • 「一緒に歩いている時、さっさと先に行かれた」
  • 「喫茶店を探すのに散々歩かされて気遣う言葉もなかった」

お見合い後、交際することを断る理由として、相手の「言動・動作」が好ましくなかったというご意見もよく聞きます。自分の言動・動作をお相手がどのように感じているのか、不快なものに感じていないかどうか配慮することが大切です。

マナーに反した言動・動作をしても、お相手はわざわざ指摘や注意をしてくれません。せっかくお会いできても、次は無いのです。日常のマナーを身に付け、思いやりの心を忘れないことが肝心なのです。お見合いでうまくゴールインして幸せになるカップルも多くいますので、ぜひとも頑張ってゆきましょう。