人間関係で悩んでいるときに役立つ名言集

chtfrd

人間関係で悩んでいるときに様々なアドバイスが役立ちますが、ときには一言の名言が道を開くこともあります。ここでは先人たちのいくつかの名言をご紹介します。

名言は迷った時の光のよう

「どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要なときに責めてくれるのだからいいじゃないですか」
―ユダヤ人の理論物理学者 アルバート・アインシュタイン

「人とつきあうのに秘訣があるとすれば、それはまずこちらが相手を好きになってしまうことではないでしょうか」
―日本の小説家、天台宗の尼僧 瀬戸内寂聴

「信頼とは一日一日のその人の履歴、人となりだと思う」
―本田技研工業創業者 本田宗一郎

「細道で犬に出会ったら、権利を主張して咬みつかれるよりも、犬に道を譲った方が賢明だ。たとえ犬を殺したとしても、咬まれた傷は治らない」
―米国の第16代大統領 エイブラハム・リンカーン

「今日の成功者は明日の成功者ではない
人と接するときは謙虚さを失ってはならない」
―木下工業株式会社代表取締役会長 木下長志

「人は誰でもこう考えている、自分は他人よりも何らかの点で優れている、と。相手の心を確実に掴む方法は、相手が重要人物であるとそれとなく、あるいは心から認めてやることである」
―米国の実業家、作家 デール・カーネギー

「真心をもって人を助ければ必ず自分も人から助けられる。これは人生の最も美しい補償のひとつである」
―アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家、詩人 ラルフ・ワルド・エマーソン

「握り拳と握手はできない」
―インドの弁護士、宗教家、政治指導者 ガンジー

「正直とか、親切とか、友情とか、そんな普通の道徳を堅固に守る人こそ真に偉大な人間というべきである」
―フランスの詩人、小説家、批評家 アナトール・フランス

「ほんとうに他人の人柄がわかるのは、その人と大喧嘩したときだということです。そのときこそ、そしてそのときはじめて、その人の真の人柄が判断できるんです」
―「アンネの日記」の著者 アンネ・フランク

「噂をされるより悪いことがひとつだけある。それは、噂すらされないことだ」
―アイルランド出身の詩人、作家、劇作家 オスカー・ワイルド

「山から遠ざかればますますその本当の姿を見ることができる。友人にしてもこれと同じである」
―デンマークの童話作家、詩人 アンデルセン

「他人を尊敬できない人は、自分も他人から尊敬されない。皆が大変な困難に直面したとき互いに尊敬し、信じ合えるかどうかに危機脱出のカギがある」
―ソビエト連邦・ロシアの宇宙飛行士 セレブロフ

「どんな愚かな者でも他人の短所を指摘できる。そして、たいていの愚かな者がそれをやりたがる」
―米国の政治家、外交官、著述家 ベンジャミン・フランクリン

「自なくして他なく、他なくして自なし」
―日本の哲学者、教育者、政治家 安倍能成

「言葉が役に立たないときには、純粋に真摯な沈黙がしばしば人を説得する」
―英国の劇作家、詩人 シェイクスピア

「自分がつねに120%の厳しさを持っていれば、他人は60%できれば満点だという気持ちになる」
―日本の実業家 藤田田

「人をほめれば、その人と対等になれる」
―ドイツの詩人、小説家 ゲーテ

「大洋よりも一層壮大なものは大空である
大空よりも一層壮大なものは人間の心である」
―フランス・ロマン主義の詩人、小説家、政治家 ヴィクトル・ユゴー

「不幸は本当の友人でない者を明らかにする」
―古代ギリシアの哲学者 アリストテレス

「賢明な人はその愛する人からの贈り物より贈り物をくれる人の愛を重んじる」
―中世の神秘思想家 トマス・ア・ケンピス

いかがだったでしょうか。ここで登場した人物も人生における様々な経験や観察でこれらの考え方を身に着けました。私たちも人間関係でストレスをためがちな時代に生活していますので、これらから一つでも役に立つものがあれば今後の参考にしていただければ幸いです。