残念シリーズ こんな人にはなりたくない

sg54

残念シリーズ、「こんな人にはなりたくない!」

…というわけで、こんな相手とは距離を置きたい人と思われる人にはどのような要素があるのか見てみましょう。

一緒にいると疲れる

一緒にいるとなぜか居心地がよくない人っていませんか。相手にそのつもりはなくても、なぜか自分が振り回されることが多い、性格に問題があるわけではないのに、一緒にいるとグッタリしてしまいます。

それは相手が悪いのでもあなたが悪いのでもなく、ただ相性が合わないだけなのです。人間ですから、合う合わないはあります。一緒にいて疲れるのですから、少し距離を置くのもひとつの手ではないでしょうか。

プライベートに踏み込んでくる

私たちには誰しもプライベートな部分があり、それを尊重するのは大切なことです。しかし、中には私生活のことを根掘り葉掘り知りたがったり、「絶対、こうしたほうがいいよ」などと自分の私生活に口を出してくる人がいるのも事実です。

プライベートな話をすることで親密さが増すこともありますが、「これ以上聞かれたくない」という意志表示をしているにもかかわらず、しつこく聞いてくる人は要注意です。空気を読んでもらえず、会話の「あうん」を理解してもらえないので、一緒にいるとやはり疲れてしまうでしょう。

一緒にいても心から楽しくない

心地良い人間関係というのは、だいたい同じようなレベルの人が一緒にいるときに感じれるものです。どちらかが精神的に自立していない場合、一緒にいるとしんどいでしょう。また、人間としての成熟度とともに価値観についても同じように言えます。

あまりにも価値観が違いすぎる場合、一緒にいてもリラックスできないでしょう。結局のところ、等身大の自分で付き合えない相手とは、一緒にいても楽しくないものです。本音トークもできず、気を遣ってばかりで窮屈な思いをするくらいなら、ゆるやかに距離を置くほうがいいかもしれません。