人間関係に必要な心の余裕

djf4g6t8

人間関係において、心の余裕を持っていることはとても重要です。私たち人間は心の余裕がないとき、他人のことなど考えることはできません。

どんな場合に失う?

忙しい生活を送っていると、私たちは心の余裕を失いがちです。スケジュールがいっぱいになっている時、それも分刻みで予定が詰まっているとき、私たちは想定外の出来事には対処しにくい心理になっています。

疲れているときなどはどうでしょうか。他人の話をゆっくりを聞いてあげるというよりは早く休みたいのではないでしょうか。私たちはお腹が空いているとき、ホルモンバランスの崩れが生じ、イライラしがちになります。イライラしている人と、ゆったりと落ち着いている人、どちらが良い人間関係を築きやすいでしょうか。

他にもお金がなくて経済的に大変なときや、人間関係がギクシャクして緊張しているとき、ストレスが溜まって重圧がかかっているときなど、私たちは簡単に心の余裕を失ってしまいます。

自分の限界を知る

一人ひとりにキャパシティー(capacity/容量)の限界というものがあります。限界が近づくと、それを知らせるサインとして心の余裕がなくなります。ですから、自分自身キャパシティーの限界内で生活を回転させていかなければなりません。

大切なのは、キャパシティーの限界いっぱいまで自分を酷使しないことです。無理をせず、早めにブレーキをかけて分相応に、つまり、自分の身分や能力にふさわしいく生活していくことです。

そうするとき、ある程度の心の余裕が生まれ、良い人間関係を築いてゆくことができるのです。分不相応な生活を送っていると、長続きしないでしょう。