ストレス解消のための10の提案

relax864
自分自身が大きなストレスを抱えていると、人に対して気持ちのよい接し方ができません。上手にストレスを解消するためにできる10のことをここではご紹介したいと思います。

1.声を発する

・誰かとお喋りする

・誰かに愚痴をこぼす

・歌う(カラオケなど)

…などなど、声を発しましょう。声を発するとストレスの数値が下がると言う検証結果も出ています。

2.散歩orランニングor軽い運動

たとえば、「ウォーキング」は、減量やストレス解消だけでなく、「血圧や心臓発作の危険」を下げるのにも役立つと、トロントのグローブ・アンド・メール紙は述べています。同紙は、軽くて、通気性があり、底が柔らかく、土踏まずをしっかりと支え、内底が衝撃を和らげ、つま先がゆったりしている靴を履くように勧めています。

3.甘い物を食べる

食べ過ぎは体に毒ですし金銭面の問題もあるので、適度に食べましょう。ショッピング自体にもストレス発散効果があるようなので、甘い食べ物を買う&甘い物を食べるという女性が得意とする組み合わせは良いかもしれません。

4.アロマオイルを嗅ぎながらのんびり過ごす

アロマオイルの香りがリラックス効果を生みます。のんびりするだけでもストレスは発散出来ますが、アロマオイルがあると自然の治癒力を借りるのでさらに効果的です。ストレス解消に良いとされるアロマは下記の代表的なものがあります。

・イランイラン→気持ちをリラックスさせ、緊張をほぐします。

・ラベンダー→心のバランスを整え、癒します。

・オレンジ・スウィート→緊張とストレスをやわらげ、明るい気持ちにさせます。

・ローズ→神経の緊張とストレスをやわらげ、心に幸福感をもたらします。

・カモミール・ローマン→気持ちをリラックスさせ、ストレスを軽くします。

・オリバナム/乳香→心に元気をあたえ、なごませます。

・レモンバーム→心をおだやかにし、明るい気持ちにさせます。

5.自然の外気に触れる

森林浴と言う言葉があるように、自然の外気は多大な癒し効果を生みます。高い丘、川沿い、景色の良い所、海、山など自然を感じやすい所へ行きましょう。

6.お風呂に入る

入浴剤をいれてみたり、好きな香りにしてみたり、防水加工をして、雑誌を読みながら…なんていうのもいいかもしれません。

リラックス効果&スッキリ効果でストレス発散となります。

7.音楽を聴く

ゆったりした音楽をのんびり聞くのもいいでしょうし、気分によっては大音量で聴いてみるのもいいかもしれません。

8.タイピング練習

この記事を見てるほとんどの人はスマホやパソコンを使ってるかと思います。タイピング練習ソフトなどでタイピングしてみるのはいかがでしょうか。そのようなソフトは「タイピング」と検索すればたくさん出てきます。

やってみるとタイピングも速くなり、脳の回転も速くなるので一石二鳥です。音楽に合わせて画面をタップするようなアプリもおすすめです。ただし、うまくいかず、逆にストレスになるときには控えたほうがよさそうです。

9.笑う

笑いは良薬であるという昔の考え方が真剣に考えられるようになっています。アメリカには病気で苦しむ患者のために「ユーモアの部屋」を備えた病院があり、臨床医が「スマイル療法」を教え、「笑いを誘う看護婦」として知られる組織が人気を得ている、とカナダの新聞「バンクーバー・サン」紙は伝えています。

その記事は、笑いが「ストレス解消の手段」となり得るだけではなく、「免疫組織にとって良い」場合があることを研究者たちが突き止めたことや、笑いが「体内のジョギング」とまで言われていることを指摘しています。

同紙によれば,ある心理学の教授は、「笑うと、体内の自然の鎮痛剤であるエンドルフィンが分泌され、痛覚域値が引き上げられる」と主張しています。また、カナダのある臨床医は、笑顔を作る筋肉は「その時の気持ちにかかわりなく、快く感じるよう脳に指令を出す」と述べています。「笑い」はまさに万病薬です。

10.布団にくるまって何もしない

たまにはのんびりと布団の中でのんびりし、外界と自分をシャットアウトさせるのもいいかもしれません。

他にしなければならないことがあるのに布団の中で過ごすと、「…できなかった感情」が沸き起こり、逆にストレスになりかねませんので、「とりあえず心ゆくまで布団の中でゴロゴロする」というふうに一度割りきってから、過ごすととても楽です。

いかがだったでしょうか。ひとつでもお役にたてるものがあれば幸いです。世の中には効果的なストレス解消法がたくさんありますが、自分に合った方法でストレスを解消し、いつも気持ちよく過ごしたいものです。