残念シリーズ 孤独感が強い人の傾向

cjuhg

残念シリーズ、今回は「孤独感が強い人の傾向」です。孤独感が強い人にはどのような傾向がありますか。何かできることはあるのでしょうか。

自分から他の人を遠ざける

孤独を感じる人は自分を孤立させる傾向があります。このように自問してみることができます。「自分には他の人を避ける傾向があるか、自分がもう少し友好的になることはできないか」もしそうなら、少しでもいいので、外向的になるよう努力してみましょう。

たとえば、同じように寂しそうにしている人を探し、自分から話しかけてみるのはどうでしょうか。たった一つの質問からのスタートでいいのです。とはいえ、あせってはなりません。

親密な友情を築くには、時間と努力が必要です。すぐにうまくいかなくても簡単にあきらめないことが大切です。まずはよく相手の話を聴きましょう。相手の話に注意深く耳を傾けるなら、その人が関心を持つ事柄について話せるようになり、会話が弾むからです。思いやりが友情を育むということを忘れないようにしましょう。

自尊心の低さ

自尊心が低いというのは、自分に自信がないということです。自尊心が低いと、友情を築くのが難しい場合があります。自分自身に対して過度にマイナスの見方をする傾向がありますか。時々、消極的なことを考えて寂しくなることや、自分はだれからも愛されていない、無価値な人間だと思うことはありますか。

そんな時は、少しだけ周囲を見回して、少しだけ行動を起こすのが助けになります。もし自分から他の人に近づいて何らかの助けを差し伸べるなら、その人はあなたのことを無価値だとは考えないでしょう。

むしろ、少しでも助けになってくれたとして、感謝してくれることでしょう。ですから、そんな時は一歩踏み出してみて、自分から自分を「役に立つ人」に仕立て上げるのはいかがでしょうか。