人間関係に疲れやストレスを抱える女子中高生

Sad little girl

学生時代の楽しい思い出はたくさん…と思いきや、最近はなかなか大変そうです。女子中高生はサラリーマンよりも疲れを感じているようです。全国の女子中高生と、30~50代の男性会社員のそれぞれ約400人を対象に、森永製菓が実施したインターネット調査で、そんな実態が明らかになりました。

女子中高生の84%が日常的に疲れ・ストレスを感じている一方で、サラリーマンは同80%でした。84%。すごい数字です。その中で「とても疲れやストレスを感じている」と答えた女子中高生は26%で、男性会社員の19%を上回りました。

「授業中に寝たことがある」という中高生は75%で、女子中高生の22.6%が「常に眠い」、42%が「眠くなることが多い」と回答しました。対照的に、仕事中に寝たことがある会社員は43%でした。

女子中高生に疲労やストレスを感じる原因を複数、選んでもらったところ、61%が「同級生との人間関係」を選び、「勉強」(53%)、「家庭での人間関係」(34%)が続きました。

一方で会社員は「上司との人間関係」「仕事」(各42%)が多かったです。これではまるで大人になってからのほうが楽になるくらいの印象を受けるほどのストレスです。彼女たちの笑顔の裏にはなかなか取れないストレスや疲れがあるようです。女子中高生も楽ではありません。