人間関係を悪化させてしまうこと 「操る」

ehfsf456

自分が気づいているかいないかにかかわりなく、人を操ろうをする行為は人間関係を悪化させてしまいます。操作的な人は、自分の立場を常に相手より優位に持っていこうとする意図をもっています。

始めのうちは相手が自分のことを操作しようとしているということがわからないかもしれませんが、じきに不快感を感じるようになるので時間とともにわかってきます。操作しようとする人はもともと自信がなく、人の評価が気になり、自分自身をよく見せたいがために相手お世辞を言ったり、見栄を張ったりします。

巧みに人の心を操り、自分の思い通りにさせようという意図がありますから、それが成功しないとより強引に、より操作的になります。相手が操作的な人だとわかると、警戒するようになるので人間関係は強まることはありません。

操作的な人は口がうまかったり、押しが強かったり、恩着せがましかったりします。かと思えば、同情心を示して相手を油断させたり、失敗談をして、相手の優越感をそそったり、第三者の悪口というなどの特徴があります。

相手はともかく、自分自身が操作的な人にならないように、人にどう思われるか極端に気にしないようにしましょう。あと、その場にいない人の悪口を言うのもやめましょう。ありのままの自分でいいのです。気に入られることもあるし、嫌われることもある…それが普通の人間関係というものです。