人間関係をよくするためにできること 「信頼する」

gsrt657

信頼できるということは人間関係においてとても大切です。あなたの周りにいる信頼できる人を思い浮かべてください。その人たちはどんな特徴を持っていますか?約束を守るという点があてはまるのではないでしょうか?

約束した事柄を守ってくれると信頼できます。繰り返し約束を守ってくれるとその人に対する信頼は確実なものとなってゆきます。ですから、自分が約束した事柄は誠実に守るようにしましょう。

次に、ウソをつかないという点です。ウソをつく人は、信頼できませんし、信頼されません。家族にしても学校や職場においても嘘は嘘を呼び、つじつまを合わすために、さらにウソをつかなければならないのです。

ちょっとした嘘や約束不履行で、取り返しのつかないことになる場合があります。どうしても約束したことが果たせなかったりする場合もありますが、嘘などに頼らず正直に誠実に謝罪するほうが勝っているのです。