人間関係をよくするためにできること 「励ます・支える」

luaghy3584

「最高の贈り物は箱の中に詰めることはできない。それはあなたの愛と感謝の表現,あなたの励ましの言葉,あなたの支えなのです」―作者不詳

励ます、支えるというのはこちらの側から行動を起こす積極的な行為です。誰しも生活の中で大変な時を経験するものです。「人」という字はお互いに支えあっていることを象徴しています。私たち人間は一人ひとりは弱いものなので、励まし、支えあって生きていかなければなりません。

「支えになる」ということは、極端に言うと、その人が倒れてしまわないように、立ち続けられるよう助けになるということです。肝心なのは、支えになる私たちはあくまで「補助」であって、立っているのはその人自身であることを認めてあげなけれることです。

たとえるならば、誰かが病気になったときに、医者が診断して、薬を処方しますが、病気と闘うのはその人、本人です。医者や薬は助けになるものです。支えになるというのはそういうことです。

あなたの家族や友が大変な状況なら、ぜひとも支えになってあげてください。「励まし」は、その人が今していることを応援してあげるという場合もあれば、何かをするよう優しく背中を押してあげるというような場合もあります。

このように行動を促す場合もあれば、感情面や精神面で元気になるよう働きかけることも励ましといえます。励ましてもらったり、支えてもらったりした人は、自分のために時間をとって、関心を払ってくれたその人をとても親しく思います。

こうして、お互いの人間関係はさらによいものに向上していきます。他の人のために、励ましを与え、支えになるということは、払う犠牲を補って余りある報いを生み出すのです。